フットケアの血管評価と血流評価

先日、足趾の壊死の患者さんについての相談をうけました。転倒を契機に足に挫創を作った様で、それがなかなか治らないという話でした。しかし、以前の下肢血管の評価から、切断しないといけないことになったのです。しかも太ももで(大腿部で切断)。

フットケアのために血管評価と血流評価が大事!

昨年紹介していただいた先生に相談しまして、そういった足の壊死で切断に至る患者様に対しては、血管評価と血流評価が大事であることが確認できました。

血管評価というものには、従来からの造影CT、MRAなどがあるのですが、切断のレベル判定などには下記に示すような血流評価が必要になってくるということになります。なぜかというと切断後の皮膚の状況(うまく治っていくかの判断には後者が用いられるからです)

SPP(Skin Perfusion Pressure 皮膚灌流圧)測定

これは皮膚微小循環の血流を指標とした灌流圧のことで、皮膚レベルでの血流評価に用いられるとのことです。

適応としては、今回の切断レベルの決定以外にも、難治性潰瘍の治療予測や、カテーテル治療やバイパス術の治療効果判定にも用いられるものだそうです。

(フットケア実践、全日本病院出版会 Q&A P18)

カネカメディックス様のサイトから引用:https://www.kaneka-med.jp/aso/contents04.html)

レーザードップラーセンサを用いた検査で、上図のとおり、足に巻いて計測するものです。足に巻いたりして全身の血流評価を行うABI検査(足関節上腕血圧比ankle brachial pressure index:ABI)が有名ですが、これでは、血管の石灰化の影響をうけることもあってか、糖尿病や透析症例の評価には不適、任意の部位での評価というのもできないということが言われています。

SPP重要です!

 

他、どれくらい酸素が含まれているか酸素分圧を調べる検査、tcPo

経皮酸素分圧測定も大事です。

(引用先:https://www.perimed-instruments.com/products/hyperbaric-tcpo2)